婦人

コンプレックスになりやすい妊娠線は消すことが可能

妊娠と美容ケア

クリーム

妊娠線は産後まで残ることが多い美容トラブルの一つで、出産前から事前にクリームを使って対策する必要があります。しっかりと塗布の仕方を学んだうえで、継続的にクリームで保湿ケアをして妊娠線を予防しましょう。

予防のためのケア方法

お腹

綺麗な肌を保つために

妊娠中の急な体型の変化が起きることによって、皮膚にかかる負担が大きくなり、裂けたような跡が残ることを妊娠線と呼びます。妊娠線というのはお腹を中心に二の腕や太ももにも発生します。そのため、綺麗な肌を保つためには必然的に予防ケアが重要になってきます。そして、予防ケアは、妊娠線ができやすい部分それぞれに少し違う方法を行います。基本的に皮膚が重要なポイントになるので、保湿をすることが大切です。ただ、お腹が大きくなってから予防ケアを始めても予防にはなりませんので、どの部分のケアだとしても早めに開始するようにしてください。専用クリームを使用してマッサージする方法がとても効果的です。まず、妊娠線が一番できやすいお腹に対してのマッサージはへそを中心にして円を描くように塗り広げていきます。そして、両腰から下腹部の中心に向けて上から下にらせんを描きます。最後に下腹部を優しく撫でておしまいです。また、お腹の次にできやすい胸のマッサージ方法は、両方の胸の下に手を当てて、胸の形に沿って小さく円を描きます。片方の胸の下に反対側の手を当てて優しくおしあげてゆっくり戻すの繰り返しを行います。このようなマッサージをしながらクリームを塗ると、予防ケアの効果も十分に発揮されますし、マッサージというのは気分をリラックスさせる効果もあるので、妊娠中のストレス軽減にもつながり一石二鳥なので、できる限り朝晩行ってみるようにしてください。

保湿成分がたっぷりのもの

お腹

妊娠線予防クリームを正しく選ぶには、いくつかの条件にしっかりと当てはまっているかを判断する必要があります。また、たっぷりと使うことが対策の基本となりますので、数多くの中からこれと思えるものを探し出す時間を取ることも大事です。

プレママ必見

化粧品

妊娠線を予防する方法として最適なのが、保湿です。保湿ケア商品には、クリームやオイル、ローションなどがあります。妊娠線が予防できる商品を選ぶ際には、自分に適した商品であるかや量を気にせず使用できるかが重要となります。